名古屋 南米旅行 jst

ジェイエスティ【TOP】 > 南米旅行 > 南米の名所 > リマ歴史地区の街

リマ歴史地区の街

スペイン統治時代の歴史的建造物が残るペルーの首都

インカ帝国を征服したスペイン軍提督フランシスコ・ピサロは、本国スペインとつながるべく、1535年に新首都リマをペルーの海岸線に建設しました。 スペインのイベリア様式にのっとり、アルマス広場を中心に築いていった歴史的建造物が今でも数多く残されています。 まず、町の中心アルマス広場に立つと、目の前にはペルー最古の荘厳なカテドラルを目にします。周辺には、バロックとアンダルシア様式を取り入れた装飾の美しい「サン・フランシスコ教会・修道院」、スペイン製の見事な青タイルが残されている「サント・ドミント教会・修道院」、バロック様式の「サン・ペドロ教会」などの建築物が、当時のスペインの財力と教会勢力の強大さを物語っています。
教会以外にも、装飾品や宗教画などを展示した「カトリック司教宮殿」、異教徒弾圧の歴史を再現した「ラ・インキシシオン(宗教裁判博物館)」、南米でも際立つコロニアル建築のひとつ「トーレ・ダグレ宮殿(現外務省本館)」など、当時の繁栄と歴史を感じる建物も見逃せません。
ペルー リマ歴史地区の街
ペルー リマ歴史地区の街
ペルー リマ歴史地区の街
ペルー リマ歴史地区の街
ペルー リマ歴史地区の街